下園壮太 うつ病

下園壮太うつ病治療DVD自宅で秘密にうつ病完治

私は、数年前に、それまで長年勤めていた庶務課から
営業部門に配置転換されました
初対面の人との対応がとても苦手な私は営業職が苦しみでした。

 

日ごとににストレスが蓄積していき、不安感からの不眠症と自己嫌悪に悩み、
生きていくことに疲れ始めました。

 

毎日、胸が引き裂かれるような生活が続きました。
友人の看護士さんに相談したところ、
間違いなくうつ病だから精神科でカウンセリングを受けるよう助言されました。

 

病院での診察結果は、やはりうつ病でした。
原因は思った通り職場環境の変化でした。

緑

私のようなサラリーマンがうつ病になってしまう原因の多くは、
転職や配置転換、リストラなどの仕事環境の変化だそうです。

 

一方、最近女性の間に増えているうつ病は、
結婚や出産、育児による生活環境の変化だそうです。

 

毎週病院に通院し、カウンセリングを受け薬をもらうのですが、
一向に改善の気配がありません。

 

うつ病の薬には睡眠導入剤に使用されている成分があるため
いつも頭がはっきりしない状態が続いて仕事のミスが増え
逆にますます自己嫌悪に陥ることになってしまいました。

 

原因となる営業職を変わらない限り、このまま一生うつの状態か
会社を辞めるしかないのでは、と思うようになりました。

 

そんな時、知人が進めてくれたのが下園壮太さんのうつ病克服法でした。

★下園壮太さんのうつ病克服法はここをクリック★

 

下園壮太さんのプチ認知療法は、DVDで他のうつ病の方々と一緒に
カウンセリングを受けながら治療を進めていくプログラムでした。

 

病院では、医者と私の一対一の会話でしたが、
多くの仲間と一緒に下園先生のカウンセリングを受けている感覚が
とても安心感があり効果的だと思いました。

 

通院と違ってDVDでのプログラムは、
自分の気持ちが落ち込み始めたらすぐDVDを見ればいいので、
効果は大きいと思います。

 

おかげで私も徐々に気持ちが楽になり始め、
営業の仕事も何とかこなせるようになって来ました。

 

うつ病で悩んでいる方は下園壮太さんの公式HPをご覧ください。

 

↓↓↓↓自宅でうつ病改善・ここをクリック↓↓↓↓↓

リンク

うつ病は体の病気

精神的な面ばかりが強調される傾向が強いうつ病ですが、実は医学的には、脳の神経伝達系の働きが低下したために発病する「体の病気」としてうつ病は位置づけられています。うつ病が発症するきっかけとなるのは、環境が急変したためにストレスが溜まってしまったり、心理的な負担や疲労によるものと考えられています。日本人が一生にうちにうつ病にかかる確率である生涯有病率は、およそ10〜15人であるというデーターがあり、さらに男女の比率を見てみると女性の方が男性よりもおよそ2倍、うつ病を発症するというデータもあります。どのような病気にも言えることですが、うつ病も早期発見と早期治療が最も効果的なので、出来るだけ早い段階で適切な対応をすることが重要なのです。

 

うつ病の代表的な症状は、興味・関心や意欲の低下、思考力の落ち込み、気分が沈みがちである、自己否定・焦燥感などといった精神的な落ち込みや、食欲低下、不眠症、疲労感・倦怠感、さまざまな不定愁訴といった身体的な症状が現れます。不定愁訴には、便秘、下痢、めまい、動悸、ほてり、胃のむかつき、さらに頭痛や首・肩などの身体的な「痛み」なども現れます。

 

うつ病が原因で発生する身体の「痛み」は、背中の痛み、頭痛、肩の痛み、腰痛、胸痛、関節痛、歯の痛み、首の痛み、消化器系の胃や腸などの痛み、全身を襲う痛みなど多岐に渡ります。しかし、うつ病は精神的な部分が注目されがちなので、このような身体的「痛み」がうつ病のサインの一種であることは、一般の人はもちろん、うつ病の患者さん本人にも、あまり認知されていないのです。

 

神経細胞が情報を伝達する仕組みは、シナプスと呼ばれる接合部で神経伝達物質を介して情報をやり取りするネットワークを形成することで成り立っているのです。脳のあらゆる活動は、この機能によって成り立っているのです。そしてセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質によって「意欲」や「気分」などの感情の安定がコントロールされているのです。この感情をコントロールする神経シナプス間のセロトニンやノルアドレナリンが減少することで感情が不安定となりうつ病の症状となって表れるのです。

 

うつ病の治療では、多くの場合、薬物療法によって発症の原因となったストレスや疲労を取り除く療法がおこなわれます。疲れ切った脳や体を休めることで、低下した働きを回復させるのが目的です。一般的なうつ病の薬物療法としては、抗うつ薬を投与することで減少したセロトニンやノルアドレナリンを増やします。さらに、うつ病患者が陥ってしまう悲観的な思考回路を改善するために、周囲の人や心理カウンセラーなどによるサポートによってプラス思考に導く「認知療法」や「対人関係療法」を行うことで、より治療効果が高まります。

 

また、うつ病に伴う体の痛みに対しては、一般的に鎮痛薬として非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイズとも呼ぶ)などを使用します。NSAIDSには数多くのタイプがあり、QOLを考慮してそれぞれの患者さんに最適の薬剤が処方されます。

 

厚生労働科学研究の調査によると、うつ病患者のうち適切な治療を医療機関等で受けている人は全患者の4分の1程度と言う結果が出ています。うつ病の自覚症状が無かったり、診断されていない人がまだまだ多いのが現状です。腰痛や頭痛、腸や胃の痛みなど慢性的な痛みに悩んでいて、消化器科、歯科、内科、整形外科などで、一般的な身体に関する治療を受け続けている人には、実はこれらの体の痛みがうつ病が原因と考えられる人も数多く存在すると考えられます。うつ病の治療には早期発見、早期治療が一番です。長期化してしまううつ病は、治療が遅れたことが最も大きな要因となっているのです。隠れうつ病を見つけるためにも正しい知識と理解を深めることが大切なのです。しかし、「気分の落ち込み」や「抑うつ状態」などは、日常生活において誰もが感じることです。それが単なるスランプなのかうつ病なのかの区別は、素人が見分けることは極めて困難なのです。心の痛みである気分の落ち込みや意欲低下がいつまでも続き、さらに体の痛みも伴うようなら、もしかしたら「うつ病」かもしれません。風邪を引いた時に無いかで診察してもらうような気軽な気持ちで、精神科や心療内科など専門の診療科で診察してもらいましょう。

 

↓↓↓↓自宅でうつ病改善・ここをクリック↓↓↓↓↓

リンク

うつ病について

ストレス

うつ病は、特別な病気というわけではなく、誰もがかかる可能性がある病気であると言えます。ここ最近の日本国内のうつ病に関するデータでは、およそ13人に1人の割合で、一生のうちにうつ病を経験した人がいるとなっています。また、うつ病になってしまったのにもかかわらず、4人に3人は、特別な治療を受けていないという結果も出ています。

 

うつ病は発症した本人にとっては、大きな苦しみとなっているのですが、心の内側の病気のため、周りの人々が見るとそれほど大した様子に見えないため、放置されることが多いようです。うつ病に関しては本人の自覚はもちろんのこと、友人や家族、会社の同僚などの周囲の人たちが、うつ病のサインに気づき、病院での受診を勧めしっかりした治療を行えば改善できる病気なのです。うつ病のサインは精神的症状と身体的症状があります。うつ病と言えば「気分が落ち込む」と言った心の問題が注視されがちですが、それ以外にも「頭痛、不眠、体のしびれや痛み」といった身体的症状も現れます。うつ病治療のスタートは、この「心のサイン」と「体のサイン」に気づくことから始まるのです。

 

近年、うつ病患者が急増してきました。以前はうつ病と言うと、とても恥ずかしい病気で、隠す傾向があり、うつ病の疑いがあってもあまり病院で診察を受けなかったといった傾向がありました。しかし、最近ではうつ病が一般に認知されてきて、積極的に診察を受ける人が増えてきたからだと思われます。しかし、それ以外にも不況の影響で中高年の男性のリストラが増えたり、若者の将来に対する不安や女性の社会進出が多くなってきて、仕事の責任に対するストレスなどが原因で、うつ病患者が増加してきたとも言われています。

 

うつ病が一般に認識されてきたとはいえ、日本におけるうつ病患者が実際に病院で医者に診てもらう受診率は29%と他の病気と比較すると、かなり低い数字になっています。うつ病の症状が現れていても、ちょっとした体の不調と思ったり、うつ病であることを自覚しないで見逃すケースもあるようです。実際、うつ病にかかっても自然治癒するケースもありますが、治療が遅れて長期間にわたって病気で苦しむケースも多いので注意が必要です。

 

日本の社会では、うつ病に関して「周囲に甘えているから」、「こころが弱いから」と考える人も多く、ヨーロッパやアメリカなどと比較するとうつ病に関する社会的理解がまだまだ低いようです。しかし、うつ病は心の病気なので、このような原因とは全く違うものです。このような考えだとうつ病患者を苦しめ、回復の機会を奪ってしまいます。うつ病は、「誰もがかかる可能性がある心の病」なのです。うつ病に対してもっと理解して、正しい対応を行いましょう。

非定型うつ病

うつ病は、気分が落ち込んでしまって日常生活を正常に送れなってしまう心の病気なのです。うつ病と一言で言っても、病気の症状は様々です。気分の変わり方、睡眠や食欲など、一般的なうつ病とは、かなり異なる症状のうつ病が確認されています。最近、徐々に増えてきた新型うつ病ですが、これまで認識されてきた典型的なうつ病とは異なった症状で、医学的には「非定型うつ病」と呼ばれています。この「非定型うつ病」は、本人や周りがうつ病であることが分かりにくいので、精神科(神経科)で診察を受けるのが遅れてしまい、回復までに長い時間を要することが多いのです。

 

一般的によく知られている典型的なうつ病は医学的には、メランコリー型うつ病と呼ばれています。メランコリーの名前の由来は、古代ギリシャ時代にすべての病気の原因となるのは、体液のバランスの乱れと考えられていました。そして、うつ病の原因は黒い短銃と考えられていたのです。そのためギリシャ語の黒い(melan)胆汁(cholie)から、メランコリー(melancholie)と言う言葉が生まれたのです。

 

うつ病
メランコリー型うつ病の特徴的な症状
・楽しいことがあっても気分が優れない
・食欲が無く、体重が減少する
・早朝に目覚めてしまう
・朝に最も気分が落ち込み、夕方には、多少回復する
・強い自責に駆られる

 

非定型うつ病の典型的な症状
・感情が反応的(うれしいことで、気分がよくなる)
・食欲旺盛で体重が増加する
・10時間以上の睡眠、あるいは通常より2時間以上長く眠ってしまう
・疲労感、常に体が重たい感じがする
・他人の批判に対して敏感に反応し、気分が落ち込む原因になる

 

非定型うつ病は、メランコリー型うつ病と比較すると、感情の反応性や食欲、睡眠に対して真逆の症状です。非定型うつ病は若い女性に多く、パニック障害など他の心の病気を併発することが多いようです。

 

非定型うつ病が日常生活に及ぼす支障
・他人の批判に対して敏感になり、親密な人間関係が維持できない
・他人の批判が怖くて、人間関係に神経質になる
・朝、目覚めることができず、遅刻が多くなる
・娯楽を楽しみたいという気持ちはあるが、外出が億劫だ

 

非定型うつ病の治療も、通常のうつ病と同じく、主に抗うつ薬を使用した薬物治療となります。非定型うつ病は一般的に認識されているうつ病とは症状が違いますが、全体のうつ病の中で、およそ30%ほどを占め、決して珍しい症状ではないのです。実は、非定型うつ病は、その名前とは違って典型的なうつ病の一種であると言えるのです。

仮面うつ病

「心の風邪」と呼ばれているうつ病は、誰でもなってしまう可能性を秘めています。しかし、症状が重くなってしまうと回復までに長期間を要するようになり、中には職場復帰も困難な人もいます。うつ病が重症化する前に精神科で診てもらい、心のケアをすることが重要です。

 

しかし実際に精神科で受信するうつ病患者は、半分以下だと言われています。それは、精神科は世間体があるので、他の病院のように気軽にいくことができないという理由からです。また、気分が優れないからと言って、日常的な気分の変化だと思い、病気であるという認識をなかなか持てないという点にもあります。

 

初期段階のうつ病は、ハッキリ気分の落ち込みを自覚することは少なく、同時に現れる胃痛、頭痛、肩こりと言った体の症状の方を気にかけるようです。その症状の原因は実は、うつ病であるとわからないことから「仮面うつ病」と呼ばれています。「仮面うつ病」は、うつ病の初期段階なので、この段階で病気に気が付いて治療すれば、比較的短期間で回復するでしょう。治療方法は、一般的なうつ病と同じように抗うつ薬を使用した薬物療法が中心となります。

 

ストレス